下肢静脈瘤について
TOP > 下肢静脈瘤について > 4.下肢静脈瘤の治療方法
下肢静脈瘤の治療には "保存的治療"、"硬化療法"、"手術"、"血管内治療"の4つがあります。それぞれの治療にはメリットと注意点がありますので、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって適切な治療を選択する必要があります。






保存的治療は、生活習慣の改善や弾性ストッキングなどで症状を改善したり、進行を予防する治療です。
硬化療法は静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療です。
手術は静脈を切除するストリッピング手術が代表的な方法です。
血管内治療は低侵襲治療[※1]で、高周波(ラジオ波)またはレーザーを使ったものがあり、日帰り[※2]で治療することができます。
※1「低侵襲治療」とは?
手術・検査などに伴う痛み、発熱・出血などをできるだけ少なくする治療。
内視鏡やカテーテルなど、身体に対する侵襲度が低い医療機器を用いた診断・治療のことで、患者の負担が少なく、回復も早いと言われています。

※2 医師の診断によります。
手術や薬以外の治療法が保存的治療です。下肢静脈瘤の症状をやわらげたり軽症例の進行を予防するために、生活習慣を改善したり、弾性(着圧)ストッキングを着用しますが、他の治療と異なり根本的な治療ではありません。
運動・マッサージなどによる生活習慣の改善
下肢静脈瘤は、静脈弁が壊れて血液が重力に逆らって心臓にうまく戻らなくなる病気です。したがって、長い時間立っていると症状が強くなり、病気が進行しやすくなります。1ヶ所に長時間じっと立っているのは避け、できるだけ歩き回ったり、1時間に1回程度は休憩をとるようにしましょう。パソコンなどの作業で、椅子に長時間座ったままもよくありませんので、足首の運動をしたり、足台で足を高くするようにしましょう。お風呂で足のマッサージをしたり、夜就寝時に足を高くするのも効果的です。
弾性ストッキングの着用
弾性ストッキングは、足を締めつけて、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることによって静脈還流をうながし、足に血液がたまるのを防ぎます。足を締めつけると逆に悪くなると心配される方もいらっしゃるようですが、弾性ストッキングは足首から段階的に圧力が弱くなっており、心臓にむかって血液が流れるように考えられて設計されています。市販品と医療用のものがありますが、基本的に構造は同じで、医療用の方が締めつけがきつく、医療機関でしか購入できません。長さによってハイソックス、ストッキング、パンストなどの種類があります。
弾性ストッキング・コンダクターによる指導
弾性ストッキングは正しく着用すれば、下肢静脈瘤の治療にたいへん役に立ちます。しかし、履くのが難しかったり、かぶれたりなどのトラブルをおこすことがあり、長くはき続けることが難しいものでもあります。このような問題を解決するために日本静脈学会では「弾性ストッキング・コンダクター」という資格を設けています。弾性ストッキング・コンダクターは、弾性ストッキングのソムリエともいえる資格で、医師の指示のもとストッキングの種類・サイズの判断、着用時の指導、着用後の不満・問題点の相談を受けて適切な指導を行います。
■下肢静脈瘤への弾性ストッキングの使用は保険適用外
弾性ストッキングは、癌の治療後のリンパ浮腫や入院患者さんの肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)予防には保険適用されています。しかし、下肢静脈瘤を治療する場合は、保険適用ではありません。
硬化療法は、下肢の静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療です。固めた血管が硬くなることから硬化療法と言われています。硬くなった静脈は、半年ぐらいで吸収されて消えてしまいます。外来で10分程度で行うことができます。

硬化療法は軽症の下肢静脈瘤には有用性の高い治療法ですが、進行した静脈瘤には治療効果が期待できない場合もあります。

また、最近は硬化剤を空気と混ぜて泡状にする「フォーム硬化療法」が行われるようになり、さらに治療できる下肢静脈瘤の範囲が広がっています。
下肢静脈瘤の手術には、血管をしばる「高位結紮術(こういけっさつじゅつ)」と、血管を引き抜く「ストリッピング手術」があります。

高位結紮術は足のつけ根で血管をしばって、血液の逆流を食い止める手術ですが、新しい治療法の開発にともない現在では実施件数は少なくなっています。

ストリッピング手術は、足のつけ根と膝の内側の2ヶ所を切って、静脈の中に細い針金(ワイヤー)を入れてワイヤーごと静脈を抜き去る方法です。全身麻酔や脊椎麻酔で行われるため入院が必要でしたが、最近は日帰りでできるようになっています。しかし、高周波などによる血管内治療に比べて体への負担が多く、手術後の「痛み」や「出血」などのリスクがあるとされています。 
血管内治療は、ストリッピング手術のように静脈を引き抜いてしまうかわりに、静脈を焼いてふさいでしまう治療です。細い管(カテーテル)を病気になった静脈の中に入れて、内側から熱を加えて焼いてしまいます。焼いた静脈は焼肉のように固く縮んでしまい、治療後半年ぐらいで吸収されてなくなってしまいます。局所麻酔で細い管を差し込むだけなので、従来のストリッピング手術のように入院が必要なく、日帰り[※2]で治療ができる体に負担が少ない低侵襲治療▶です。

血管内治療には高周波(ラジオ波)を使う高周波治療とレーザーを使うレーザー治療があります。現在では高周波(ラジオ波)およびレーザー治療ともに保険適用されています。
※2 医師の診断によります。
高周波(ラジオ波)治療やレーザー治療などの血管内治療は、細い管を静脈の中に入れるだけなので針穴だけで済み、皮膚を切らずに治療ができます。

効果的な下肢静脈瘤の治療には、患者さんの下肢静脈瘤の症状や進行状況に応じて様々な治療法を組み合わせることが必要です。

そのため、血管内治療でも同時に何ヵ所か皮膚を切って静脈瘤を切除することがあります。最近では、スタブ・アバルジョン法(Stab avulsion)といって、 特殊な器具を使って非常に小さい傷(1-3mm)だけで静脈瘤を切除する方法が多く選択されています。この方法だと傷が小さいため縫う必要がなく、傷痕が残りにくく痛みも少ないとされています。

高周波(ラジオ波)治療やレーザー治療とスタブ・アバルジョン法を組み合わせることによって、より効果的な下肢静脈瘤治療が期待できます。